惚れ惚れ うんこ 物語
うんこが人生を決める 惚れ惚れうんこの定義 癌・生活習慣病・便秘・肌荒れ・体調不良・ダイエット・ デトックス・解毒・排泄
10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
腸内環境は単純 
2006/12/24 [Sun] 00:18:47 » E d i t


 人間の腸の中には、約100兆個もの腸内細菌が住んでいると言われ

ていますが、大きく分けると<善玉菌>と<悪玉菌>の2種類です。

 <善玉菌>は人間にとって有益な物質を生産し、

<悪玉菌>は人間にとって有害な物質を生産しています。

だから、腸内細菌が<善玉菌>優勢であれば健康であり、

<悪玉菌>優勢になると病気になってきます。 

 腸内細菌が<善玉菌>優勢であればウンコは臭くありませんが、

<悪玉菌>優勢になるとクサイ悪臭のウンコになります。

<善玉菌>の代表がビフィズス菌であり、

<悪玉菌>の代表が大腸菌です。 

<善玉菌>はオリゴ糖などの糖質をエサとして増殖し、

<悪玉菌>は肉・卵・魚等の動物性蛋白質をエサとして増殖します。

 だから、動物性蛋白質の好きな人と嫌いな人とでは、

当然のことながら腸の中に住んでいる腸内細菌の種類が大きく違ってきます。

 腸内では、発酵(有益細菌の分解活動)と

腐敗(有害細菌の分解活動)という2つの活動が行われています。 

●<善玉菌>が増殖すると発酵が活発になります。 

発酵とは、多糖類が単糖類に分解され、

さらに細菌によって酸とガスに変わる一連の流れを示していますが、

この発酵の過程で作られる酪酸には癌細胞を抑制する働きがあることが解っています。

●<悪玉菌>が増殖すると腐敗が活発になります。 

動物性蛋白質を食べるとクサイ悪臭のウンコやオナラが出るのは、

この腸内の腐敗によるものですが、

これによってアミンなどの腐敗産物が作られ癌の促進因子となるのです。 

悪玉コレステロールなども、<悪玉菌>が作ったものです。

 ★アレルギー性疾患の一つであるリウマチも<悪玉菌>が一因であるという事が判明してきております。

 毎日、多少でも排便のある人の場合、

ウンコの状態には関係なく、

自分では便通異常ではないと思い込んでいる人が人が多いのですが、

食事を食べる量に比べてウンコの出る量が少ないのは正常ではありません。

 硬くてもダメですし、柔らか過ぎるのもダメです。

 コロコロでもダメですし、まして、クサイ悪臭のあるウンコはダメです。 

ツ~ンと鼻を突くような悪臭は最悪の“異常便”なのです。

 口から入った食べ物は、食道を通って胃に送られて消化され、

そして、十二指腸を通過して小腸から大腸に到達します。(約6時間)

 その後、残りカスがウンコとして肛門に送られるのがほぼ6時間です

から、口から入った食べ物がウンコとして排泄されるまでの時間は、

約12時間ということになります。

 夜の7時に食べた食事は、朝の7時頃にはウンコなって出るのが正常なのです。

 健康な子供の場合、食事の途中でもウンコをしたがりますが、

これは正常な排泄機能を持っている証明であります。

 胃と腸は連動しており、胃の中に食べ物が入ると、

必ず腸が同時に動き出すようになっているのです。 

ところが、人間が頭で作りあげたマナーなどという不自然な習慣を

押し付けられることによって、

胃に食べ物が入っても腸が反応しなくなるのです。 

ウンコを我慢していると習慣性の便秘症になるのと同じことで、

我慢するという行為は、正常な生理機能を狂わせる原因となるのです。

 口臭で悩んでいる人がいますが、

口臭を消したいならばクサイ悪臭便を無くすることです。 

クサイ悪臭便のある人は、

オナラも同じようにクサイ悪臭があるのですが、

オナラを我慢していると不思議といつの間にかオナラが消えてしまいます。 

消えてしまったのでしょうか?

 実は、消えて無くなってしまったのではなく、

腸粘膜からオナラが吸収されているのです。

 そして、そのオナラは、血管を通って肺まで運ばれ、

最終的に口から吐き出されるのです。 

いわゆる、口臭は口から出てくるオナラなのです。 

口臭消しを使用したからといって、口臭は無くなりません。

 体臭がクサイ場合も、同じです。

 欧米人などのように動物性蛋白質を多く食べている人たちが、

香水を使用するのは体臭を誤魔化す為なのですが、

クサイ臭いは元から原因を絶たなければ根本的に解決することはできません。 

口臭や体臭を消すには、クサイ悪臭便を無くすることが根本的な解決方法となります。 

 しかし、口臭や体臭のある人の場合、

単に悪臭があるないの問題だけではなくて、

確実に血液が汚れていきますので、あらゆる生活習慣病の原因となります。

 その事を真剣に考えなければなりません。 

汚れた血液から造られるのが、

癌細胞などのような異常細胞なのですから、

口臭や体臭を軽んじていると後悔する事になりかねないのです。 

 腸の衛生に関する研究の第一人者であり、

非常に多くの臨床経験を持っておられた故ケロッグ博士は、

「人間は食事を摂ったら、必ず24時間以内にそのカスを排泄すべきである。」と言われておりました。

 毎日のウンコは、<現在と未来の健康状態>を教えてくれるラブレターです。

●癌患者の共通点は、“便通異常”です。 

現在、“便通異常”のある人の場合は、すでに癌になっているか、

やがて癌になる可能性が高いという事を自覚しなければいけません。

●心筋梗塞・脳卒中・糖尿病などのような生活習慣病の共通点も、

“便通異常”であり、“クサイ悪臭便”であります。

 だから現在、クサイ悪臭便の人は、すでに生活習慣病になっていか、

やがて生活習慣病になる可能性が高いのだという事を自覚しなければいけません。

 クサイ悪臭便は、病気に対する警告信号です。

 黄色ではなく、赤色かも知れません。

 このまま警告を無視しているならば、やがて発病することは間違いないでしょう。
 
●病気を治したい人、病気を予防したい人は、

まず動物性蛋白質を止めて、

ビフィズス菌が優勢な腸内環境にすることが最重要ポイントです。 

動物性蛋白質を食べるのを止め、

クサイ悪臭便を無くするという事が、病気の元栓を閉める作業になります。

 少しくらいは動物性蛋白質を食べても良いだろうと思うかも知れませ

んが、全て原因あっての結果です。

 クサイ悪臭便が出なくなるまでは、動物性蛋白質を止めることです。

 善と悪の力関係は、圧倒的に悪の力の方が強いですので、

悪玉菌を増殖させる動物性蛋白質を多少でも毎日食べ続けている人の

場合には、なかなかビフィズス菌が優勢な腸内環境にはなりません。

  病気の元栓を閉めずして、病気を治せる筈がありません。

  クサイ悪臭便を無くさずして、病気を治せる筈がありません。 

  ビフィズス菌の数と、免疫力は正比例します。

  免疫力を高めたいならば、常に、ビフィズス菌が優勢な腸内環境を保つことです。

pan>
スポンサーサイト

テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体

うんこ *  TB: 2  *  CM: 1  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
腸内環境を改善しよう
腸内環境を整える改善商品のご紹介です。もちろんダイエットにも腸内環境の改善は欠かせません!腸内環境にお悩みの方はご必見ください。
2006/07/18 Tue 20:34:24
URL | 腸内環境を改善しよう #NkOZRVVI[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。